【窓ガラス破損は火災保険が使える?】補償される場合と注意点を解説
おすすめ火災保険申請TOP3
シラベル 火災保険申請サポート 1位.シラベル
実績件数4,000件以上、保険金給付率90%!手数料も業界最安値の30%!

火災保険申請事務局 2位.火災保険申請事務局
全国エリアに対応しており、実績はなんと10,000件以上!

保険請求の窓口 3位.保険請求の窓口
全国エリアに対応しており相談・調査費無料!

窓ガラスの破損が火災保険で補償される可能性があることをご存知ですか?

「模様替えをするのに棚を動かしていたら窓ガラスを割ってしまった」といった「うっかり」で窓ガラスを破損してしまっても、火災保険で対応できるかもしれません。

この記事では、窓ガラスの破損が火災保険で補償される場合と、使用する際の注意点を詳しく解説します。

窓ガラスは火災保険が下りる?

窓ガラスは火災保険が下りる?

窓ガラスの破損は、火災保険で補償されるケースと補償されないケースがあります。

火災保険の補償は建物と家財が対象です。契約時に建物と家財のいずれか、もしくは両方を補償対象とするかを選択できます。

窓ガラスは建物に該当するため、家財のみの契約だと補償の対象外となります

火災保険は、火災だけでなく台風や竜巻といった風災、大雨や集中豪雨による洪水、落雷や雪災、雹(ひょう)などの自然災害で受けた損害を補償する保険です。

自然災害の他にも、「引っ越しの際にテレビを誤って落としてしまった」といった際の床や家電製品の「破損」、第三者による「盗難」なども該当します。

よって、自然災害が原因で起きた破損や、予期せぬトラブルでも割れた窓ガラスが補償されるということです。

ただし、地震や、地震によって起こった噴火、津波による浸水は火災保険では補償されません。別に地震保険に加入する必要があります。

 

火災保険で補償されるケース

火災保険で補償されるケース

火災や自然災害で受けた損害に伴う窓ガラスの破損は火災保険で請求できます。

他にも、契約内容によっては思わぬうっかりしたミスから起きた「破損」も補償対象に含まれています。

 風災による破損

台風などの突風で飛んできた物や風圧で窓ガラスが割れた場合は火災保険の対象です。

割れた箇所から雨水が吹き込んで床や家財へ損害が出ても同様に請求できます。

 雪災や雹(ひょう)災

積雪による雪圧や、雹(ひょう)によって割れた場合も補償されます。

雹(ひょう)は氷粒が直径5㎜以上のものを指し、5月~7月初旬に北海道や日本海側、北関東などで多く見られます。

 盗難

第三者による盗難で被害を受けた場合、盗まれた家財や貴金属だけでなく、侵入時に割られた窓ガラスも対象に入ります。

ただし、建物への被害に該当するため、家財のみ保険の対象としている場合は補償されません。

 不測かつ突発的な事故による破損

引っ越しの際に家財を移動時や、お子さんが室内でボールを投げて割ってしまったというケースも補償されます。

火災保険で補償されないケース

火災保険で補償されないケース

 契約内容以外での破損は補償されない

火災保険は、保険契約者や被保険者、その他保険金の受取人が起こした重大な過失や故意による破損は補償されません。

経年劣化によってできたひび割れなど、自然災害以外が原因によるものも対象外です。

また、窓ガラスの破損のみで火災保険を使うには、「破損」が該当しますが、契約内容や時期によって補償内容に含まれていない可能性もあります。

 

 免責金額等自己負担額を確認する

火災保険の契約時に免責金額を設定している場合、免責金額を超えないと保険金も支払われません。

免責金額とは、契約者が「ここまでだったら支払える」と提示した自己負担の設定額です。

免責金額を設定することで、保険会社は少額でも対応しなければならないといったデメリットが解消されます。

保険会社の負担を減らす分、保険料を安くする仕組みになっています。

また、免責をなしで設定していたとしても、火災保険内で破損のみを利用する場合、保険会社が契約内容に自己負担額を設定しているケースもあります。

いくつかケースをご紹介します。

ソニー損保損保ジャパン東京海上日動

ソニー損保「破損・汚損損害等補償特約」
破損・汚損損害等補償特約が2021年1月1日以降の契約内容に適用されています。2020年12月31日までに契約している場合は補償されません。
免責金額をなしと設定したとしても、破損・汚損での自己負担額は3万円発生します。
(引用元:重要事項説明書 2021年1月1日以降のご契約-ソニー損保 2018年11月11日~2020年12月31日のご契約には破損・汚損障害等保障特約の明記なし)

損保ジャパン「THE すまいの保険」
建物が補償内容に含まれている場合、またはベーシック(Ⅰ型)、ベーシック(Ⅰ型)水災なしのみ補償されます。
自己負担額0円を選択しても、不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)の自己負担額は1万円となります。
(引用元:自己負担額とは-損保ジャパン

東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」
充実タイプ・マンション向けタイプのみ破損等リスクが補償されます。
破損等リスクのみ免責金額5千円です。
(引用元:基本補償|トータルアシスト住まいの保険

 地震による損害は地震保険が対象

地震が原因で破損した窓ガラスは、火災保険では補償できません。地震で受けた損害は、地震保険で請求できます。ただし地震保険の補償条件には財務省が定めた基準があります。

 

地震保険では、保険の対象である居住用建物または家財が全損、大半損、小半損、または一部損となったときに保険金が支払われます(平成29年1月1日以降保険始期の地震保険契約の場合(※))。
※地震保険に関する法律施行令の改正(平成29年1月1日施行)により、「半損」が「大半損」および「小半損」に分割されました。

よって、地震による損害が窓ガラスのみでは支払いの対象外となります。

窓ガラス破損で保険金請求する流れ

窓ガラスが割れてしまったとき、実際に火災保険を請求するにはどういった手順で行えばよいのでしょうか。

1火災保険の補償内容を確認する

まずはご自身の契約内容を確認しましょう。

内容によっては補償されないケースもあります。

保険証券や約款、各保険会社のホームページでアカウントを作成していれば、被保険者専用ページでも補償内容が確認できます。

2窓ガラスの修理業者に見積もりを依頼する

保険会社へ連絡する前に、修理業者へ見積もりを依頼しましょう。

金額によっては免責金額を超えないケースもあります。

修理業者によっては、被害状況のチェック時に保険が適用されるか、窓ガラスが割れた原因などアドバイスを貰える可能性もあります。

ただし、あまり詳しくない修理業者も存在しますので、情報は鵜呑みにせず正確な情報だけを把握するようにしてください。

また、保険会社に提出するために被害状況が分かる写真を撮っておく必要があります。片づける前に危険のない範囲で複数枚撮っておくと安心です。

3保険会社へ連絡し、必要書類を取り寄せる

見積もりを出してもらったら、手元に保険証券とメモ等を準備して保険会社のコールセンターなどに連絡しましょう。

被保険者名、保険証券番号、被害状況、事故の原因や内容などを確認されます。

事故受付が完了したら、保険会社より必要書類の説明がありますので必要に応じてメモを取りましょう。

4必要書類を準備する

必要な書類は各保険会社によって異なります。代表的なものをご紹介します。

 

保険金請求に必要な書類
  • 損害程度を立証する書類
  • 損害発生の有無を確認できる書類
  • 事故発生を確認できる書類
  • 事故原因を確認できる書類
  • 事故状況を確認できる書類
  • 損害額を確認できる書類(見積書)
  • 事故と損害の関係を立証する書類
  • 被保険者の身分証明書(戸籍謄本など)
  • 保険金請求書

明らかに自然災害が原因とされる場合や、被害が小さい場合は簡略化されることもあります。

必要書類を揃えて保険会社へ郵送します。

5鑑定人による調査を受ける

被害が大きい場合や書類に不備があると保険会社が依頼した鑑定人が被害状況の鑑定を行うケースがあります。

窓ガラスの破損のみで請求する場合は被害内容も小さいため、鑑定人が来ることはほとんどありません。

書類審査が行われますので、被害状況が確認できる写真や見積書をきちんと提出する必要があります。

6審査による保険金の決定

保険会社による調査で保険金の金額が決定します。

窓ガラスの破損のみだとごく少額にしかならないため、場合によっては申請額より少額になるか、給付を断られる可能性もあります。

7指定口座へ入金

保険金が決定されると、契約者へ通知されます。保険金は給付されるまで2週間~1カ月程度かかりますのでその間に修理を依頼するなど対応しましょう。

実際には、修理を終えてから火災保険の申請を行う方も多いため、その際は修繕前に必ず写真を撮り、修理にかかった領収書を保管する必要があります。

火災保険は、損害発生から3年以内は請求できます。ただし、時間の経過により被害状況が正確に判断できなくなりますので、早めに保険会社へ連絡してください。

まとめ

窓ガラスの破損は、火災などの自然災害以外でも補償されるケースがあります。

損害が少額だと免責金額を超えなかったり、保険会社によっては給付を断られることもありますので注意が必要です。

ただし、この位ならいいかと思わずに、まずは見積もりを取って被害状況を保険会社に相談しましょう。

いつ「うっかり」が起こってもいいように、保険の見直しを行い破損等のリスクに備えて保険の見直しを行うこともおすすめです。