構造級別 火災保険
おすすめ火災保険申請TOP3
シラベル 火災保険申請サポート 1位.シラベル
実績件数4,000件以上、保険金給付率90%!手数料も業界最安値の30%!

火災保険申請事務局 2位.火災保険申請事務局
全国エリアに対応しており、実績はなんと10,000件以上!

住まいる申請 3位.住まいる申請
調査実績3000件以上!平均152万円受給!

保険料を算出する上で重要となるのが、構造級別となるもの。

しかし、ご自宅の構造タイプを知らない方も意外と多いのではないでしょうか。

今回は、T構造・H構造・M構造と呼ばれる構造級別について解説していきます。

3つの構造級別について

ふるた

ふるた
そもそも構造級別って何ですか?

吉田編集長

よしだ編集長
そもそも建物の構造によって、燃えやすさなどは異なるよね。その危険実態に応じた区分のことを「構造級別」と言うんだ。つまり、この構造級別によって火災保険の保険料も異なってくるのです。

 

構造級別 表 火災保険

このように構造区分により保険料が変わってきます。当然、耐火性能が高いほど保険料は安くなります。

火災や災害が発生したときの損害金額にに差が生じてくるからです。

それでは順に構造級別について、解説していきます。

 T構造とは?

T構造 火災保険

T構造とは、耐火(Taika)の頭文字を取って名付けられたもので、耐火構造を意味します。コンクリートや鉄筋など燃えにくい材質で建築されているため、耐火性が高く、火事になっても最低45分は燃えないなど、火災に強いのが特徴です。

T構造に該当するもの
①共同住宅で耐火建築物ではないもの
②一戸建てで柱がコンクリート、レンガ、石、鉄骨で造られているもの
③一戸建てで耐火建築物、準耐火建築物、省令準耐火物に該当するもの

ふるた

ふるた
なるほど!木造建築でT構造に分類されるものはありますか?

吉田編集長

よしだ編集長
基本的に木造建築は、この解説するH構造に該当するけど、一部例外でT構造に分類されることがあるんだ。

木造建築でも外壁の開口部の延焼のおそれのある部分に防火戸を有するなどの耐火構造をとっていれば、準耐火建築物と認定され、T構造に分類されます。

耐火建築物とは?
耐火建築物とは、建築基準法において建物の主要構造部分に耐火性能のある材質が使用されている建物になります。

また基準として火災が終了するまで耐えきることなども設けられています。

第二条
九の二 耐火建築物 次に掲げる基準に適合する建築物をいう。
 その主要構造部が(1)又は(2)のいずれかに該当すること。
(1) 耐火構造であること。
(2) 次に掲げる性能(外壁以外の主要構造部にあつては、(i)に掲げる性能に限る。)に関して政令で定める技術的基準に適合するものであること。
(i) 当該建築物の構造、建築設備及び用途に応じて屋内において発生が予測される火災による火熱に当該火災が終了するまで耐えること。
(ii) 当該建築物の周囲において発生する通常の火災による火熱に当該火災が終了するまで耐えること。
準耐火建築物とは?
準耐火建築物とは、同じく建築基準において、耐火建築物以外の建築物のうち、その主要構造部が準耐火性能を満たし、かつ、延焼の恐れのある開口部(窓やドア)に防火戸など、火災を遮る設備を有する建築物を指します。

 H構造とは?

H構造 火災保険

H構造とは、非耐火(Hi-taika)の頭文字を取って名付けられたもので、非耐火構造を意味します。文字通り、火に耐えられる構造をもっていないため、基本的に木造住宅のように燃えやすく、火災に弱いのが特徴です。木造建築で特に火災対策が施されていない建物は、H構造に該当します。

H構造に該当するもの
①一戸建てでコンクリート造、耐火建築物・準耐火建築物などに該当しないもの
②T構造、M構造に該当しないもの

H構造は火事になった際、近隣周辺に燃え移る火災になると被害が大きくなるため、保険料も高くなる傾向にあります。

 M構造とは?

M構造 火災保険

M構造とは、マンション(Manshion)の頭文字を取って名付けられたもので、マンション構造を意味します。主にマンションやアパートなどの共同住宅で、かつ耐火性の高いものが該当します。つまりは、T構造と同じコンクリート造建物やレンガ造建物の中で、共同住宅はM構造になります。

M構造に該当するもの
①共同住宅で柱がコンクリート、レンガ、石、鉄骨で造られているもの
②共同住宅耐火建築物、準耐火建築物、省令準耐火物に該当するもの

一般的な火災保険では、M構造は耐火性が高いため、保険料が安くなる傾向にあります。

構造級別の火災保険料について

これまで述べてきたように、家の構造・耐火性能によって火災のリスクや損害は変化します。そのため、保険金額にも違いが生じるのです。

 T構造の方が保険料を抑えられる!

構造級別 火災保険

やはり耐火性能が高いT構造は火災保険料料が抑えられる一方で、耐火性能が低いH構造は火災保険料が高くなってしまいます。

ふるた

ふるた
T構造とH構造では実際にどのくらい火災保険料に違いが生じるのかな?

吉田編集長

よしだ編集長
下の表を見てみよう!
保険料 T社 M社 S社
T構造 10.5万円 13.4万円 19.9万円
H構造 19.3万円 24.7万円 33.2万円

※所在地:東京/保険金額:一戸建て2000万円/保険期間:10年で算出

上表のように、ある試算例では約10万円ほどの火災保険料の違いが生じています。他のある試算例では、35年間長期一括払いだと約60万円の違いが生じるというデータも出ています。

 木造建築でもT構造がおすすめ!

木造建築 T構造

ふるた

ふるた
私は木造の家が好きですが、やっぱり保険のことを考えるとコンクリート造の方がいいですよね?

吉田編集長

よしだ編集長
木造住宅でもT構造のものはあるので、おすすめです。

あたたかい感じがするという理由から、「コンクリートや鉄筋よりは、木造が良い」方々は一定数いることでしょう。

そのような方は是非木造住宅を建築していただいても構いません。ただ耐火性能を持つものにすることをおすすめします

もう木造住宅のほとんどはH構造に該当してしまうため、T構造などよりも保険料が高くなってしまいます。

ただ木造住宅の中でも耐火建築物や省令準耐火住宅になどにすることでT構造に該当させることができ、火災保険料を抑えることができるからです。

さらに火災の被害も広がりにくくなるので、やらない手はないでしょう。

省令準耐火構造とは?

省令準耐火構造とは、建築基準法で定めた基準以外の住宅で潤沢支援機構が定めた以下の内容に適合する住宅のことを指します。

第一条
ロ 準耐火構造の住宅(建築基準法第二条第九号の二イに掲げる基準に適合する住宅以外の住宅で、次のいずれかに該当するものをいう。)であること。
(1) 建築基準法第二条第九号の三イ又はロのいずれかに該当する住宅
(2) 次に掲げる耐火性能を有する構造の住宅に該当する住宅
(i) 外壁及び軒裏が、建築基準法第二条第八号に規定する防火構造であること。
(ii) 屋根が、建築基準法施行令(昭和二十五年政令第三百三十八号)第百三十六条の二の二各号に掲げる技術的基準に適合するものであること。
(iii) 天井及び壁の室内に面する部分が、通常の火災時の加熱に十五分間以上耐える性能を有するものであること。
(iv) (i)から(iii)までに定めるもののほか、住宅の各部分が、防火上支障のない構造であること。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

T構造、H構造、M構造といった構造級別によって、火災保険料が変動することはお分かりいただけた思います。

T構造とH構造では、火災保険料を抑えられるのはT構造。

またH構造の住宅でも、条件を満たせば火災保険加入時にT構造の分類を受けることができます。

建物の構造分類を理解し、後悔のないマイホームを手に入れて下さい。