【火災保険申請には写真が必要?】撮り方のコツや注意点を解説
おすすめ火災保険申請TOP3
シラベル 火災保険申請サポート 1位.シラベル
実績件数4,000件以上、保険金給付率90%!手数料も業界最安値の30%!

火災保険申請事務局 2位.火災保険申請事務局
全国エリアに対応しており、実績はなんと10,000件以上!

住まいる申請 3位.住まいる申請
調査実績3000件以上!平均152万円受給!

火災保険を申請をする際に被害箇所の写真を提出しなくてはならないというのをご存知でしょうか?

どこを、どのようにして写真を撮影すればいいのか分からない!という方も多いと思います。

屋根など高い場所は自分ひとりで写真を撮影するには危険が伴います。そのような場所の写真はどのやって撮ればよいのでしょうか。

この記事では火災保険申請に必要な写真について、写真の種類や撮影の方法など詳しく解説しているので是非ご覧ください。

ふるた
ちょうどこの間落雷で、給湯器が故障したとこだったんです!助かります!!

火災保険申請に必要な写真とは?

火災保険申請に必要な写真とは?

 どのような写真が必要?

保険会社に火災保険申請をする場合は以下の写真が必要になります。

  1. 被害に遭った箇所の写真
  2. 屋根や建物全体の写真
  3. 表札や建物名がわかる写真

それぞれ1枚だけではなく、様々の角度から2~3枚撮っておくことをお勧めします。

写真を保険会社に提出した後に、違う角度からの写真や被害箇所がわかる別の写真の提出を求められる可能性があるため、複数枚撮っておくと後々助かることがよくあります。

 撮影するタイミングはいつ?

理想的な撮影のタイミングは被害を受けてすぐの状態です。

しかし、被害直後は壊れている部分に近づくことが危険なので、無理に撮影を行うことはお勧めできません。

撮影する前に応急処置をし、安全な状態を確保して撮影をしましょう。

撮影のポイント

撮影後は安全のため、片付けや修理をしても問題ありません。
ただし、先述した撮影しなければいけない箇所を2~3枚撮影することを忘れずに行ってください。

 既に修理してしまった場合は?

既に修理してしまい、写真を撮っていない等の場合でも火災保険の保険金を受け取れる場合があります。
申請の際は必ず修理の見積書や写真、領収書は修理業者から必ず受け取っておきましょう。
保険金の支払いは基本的に修理の見積書と写真からの判断となりますが、修理の見積額そのままの額で保険金が支払われない場合もあるので注意しましょう。

 撮影に使う機材は?

被害箇所の撮影を行うために立派なカメラなどを新しく準備する必要はありません。
使いたいカメラにこだわりが無ければ、スマホのカメラで撮影してもいいでしょう。
屋根や雨樋などの自分で撮影するには困難な場所は無理に撮影するのは控えましょう。
修理業者や火災保険申請サポート業者に写真撮影を依頼するのがお勧めです。

ふるた
そうだったんですね...取り敢えず作業途中の写真は撮ったのですが、これでは保険金下りないですかね?

よしだ編集長
そのような写真でも十分保険金が下りる可能性はあります!もちろんしっかり撮ることに越したことはありませんが、「業者をわざわざ呼んで写真をきっちり撮る」ということに非常に意味があります。

ふるた
良かった!でも次からしっかり気を付けて撮影します!!

火災保険申請サポート業者の利用すべき?

火災保険申請サポート業者の利用すべき?

火災保険申請には今回解説した被害箇所の写真の用意だけではなく、様々な書類を作成する必要があり、建物に詳しくない素人の状態で行うのは大変困難です。

しかし、自分には無理だ・・・と火災保険申請を諦めてしまっては、加入している火災保険が無駄になってしまいます。それどころか自費で修理するとなると、更に出費が増えてしまいます。

そこで是非利用していただきたいのが火災保険申請サポート業者です。

火災保険申請サポート業者に依頼をすることで簡単に保険金を手に入れることができます。

 火災保険申請サポート業者を利用するメリットは?

実際に火災保険申請サポート業者に依頼することで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

火災保険申請サポート業者のメリット
  • 自分で撮影するには危険な箇所の撮影も機材を用いて安全に撮ってもらえる。
  • 写真撮影だけでなく、申請に必要な作業をまるごと依頼できる。
  • 少ない時間で適切な額の保険金を受け取ることができる。

屋根など高い部分もドローンなどの本格的な機材を用いて撮影をしてくれるサポート業者もあるので、自分では撮影が困難な場所も正確に撮影してもらえます。

建物を全体的に見ることができるので自分が気づいていない被害箇所が新たに発見できる可能性も高いです。

 

複雑な書類作成や、それに伴う保険会社との金額交渉を火災保険申請のプロが行ってくれるので、被害状況に見合った適切な額の保険金が手に入ります。

 サポート業者を利用するデメリットは?

火災保険申請サポート業者に依頼するデメリットはありますか?

強いて言うなら手数料がかかることですね!
火災保険申請サポート業者のデメリット
  • 手数料がかかる(保険金総額の30%~40%)

火災保険申請サポート業者を利用するデメリットは手数料がかかることです。

業者によって異なりますが、当業界の手数料の相場は保険金総額の30%~40%と言われています

しかし火災保険申請が保険会社に認められなかった場合は手数料を支払わなくてもいい成果報酬型の業者が多いので、「保険金が手に入らず、手数料だけ支払って結果的に損だった…」ということは少ないので安心してください。

※保険金が手に入らなかった場合でも手数料がかかるという企業もあるので依頼する前に確認をしましょう。

自分で火災保険申請を行う場合の時間、作業量を考えると決して高い手数料ではないはずなので是非火災保険申請サポート業者の利用を検討してみてくださいね。

もっと詳しく火災保険申請サポートのメリット・デメリットが知りたい!という方は下記の記事をご覧ください。

当サイトおすすめの火災保険申請業者を紹介

当サイトではおすすめの申請業者をランキング形式で紹介しています。

手数料や実績、平均受給額等分かりやすく比較しています。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

火災保険申請サポート業者 ランキング
火災保険 リフォーム業者ランキング

以下で紹介しているシラベルは、当サイトでも高い評価を得ています。

保険金額を無料で算出するサービスも実施しているので、興味ある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

シラベル 特徴

手数料 30%
対応エリア 関東
実績(件数) 2,000件以上
保険金の使い道 自由
平均受給額 記載なし
おすすめ度 ★★★★★
シラベルの総合評価

  • 相場以下の手数料30%!
  • 完全成果報酬型でリスクゼロ!保険金が下りなかったら、調査費0円。
  • お問い合わせ~見積もり作成まで全てワンストップ!
  • 弁護士業務協力のため安心・安全!
  • 実績件数2,000件以上、給付率95%以上!

シラベルはサポート実績件数2,000件以上保険金給付率も驚異の95% に加え、手数料も相場以下の30%でサービスを展開しています。

さらにシラベルでは保険金が下りるまで一切の手数料を受け取りません。

つまり現地調査が無料、保険会社へ提出する書類作成も無料でリスクゼロ!1度依頼すれば現地調査から申請まで、すべてワンストップでサポートしてくれます。

実際に受け取った保険金の使い道は自由なので、必ずしも修理費に当てなくても良いのも特徴のひとつです。旅行や外食、貯金に回しても問題ありません。

シラベルへの申込は以下のボタンより電話またはWEBフォームで気軽に問い合わせることができます。

よしだ編集長
シラベルは手数料30%と相場以下なので、手数料を重視したい人には特におすすめです!

まとめ

自然災害による被害に気付かず火災保険申請をしないまま過ごしている人や、被害を認知していても申請方法が分からないからと放置をしている人がたくさんいます。

被害を受けた場所をそのままにしておくのも危険ですし、手に入るはずの保険金を手に入れないままでいるのは非常にもったいないです。

今回解説した通り、ポイントを抑えれば申請の際に使う写真は自分で撮影できます。

しかし危険な場所の撮影を細心の注意を払って行うというよりは、修理業者や火災保険申請サポート業者に依頼することをお勧めします。

特に火災保険申請サポート業者は火災保険申請の作業のほとんど全てをサポートしてくれるので是非利用してみてください!