【火災保険申請の手順とは?】火災保険申請サポート利用の流れを解説
おすすめ火災保険申請TOP3
シラベル 火災保険申請サポート 1位.シラベル
実績件数4,000件以上、保険金給付率90%!手数料も業界最安値の30%!

火災保険申請事務局 2位.火災保険申請事務局
全国エリアに対応しており、実績はなんと10,000件以上!

保険請求の窓口 3位.保険請求の窓口
全国エリアに対応しており相談・調査費無料!

「火災保険の申請手続きをサポートしてくれるだけでなく、本来受け取る金額よりも多く保険金が貰える」と話題の火災保険申請サポートサービス

しかし、いざ申し込もうと思っても何をどうしたらよいか分からない方も多いと思います。

そこで今回は火災保険申請サポート利用の流れをひとつひとつ詳しく説明します。 是非この記事で流れを把握してから火災保険申請サポートを利用してみてください。

ふるた
編集長!火災保険申請サポートの申し込み方がわかりません!

よしだ編集長
利用手順はおおよそ以下の通りです。

①サポート業者を選ぶ
②問い合わせをする
③現場無料調査・診断
④保険会社へ書類の提出
⑤結果の通知と保険金の受け取り

※注意※
自然災害の増加に伴い、火災保険申請に関連するトラブルが増加しています。この記事では悪徳業者を判別する方法も紹介していくので、是非ご参考にしてください。

サポート業者を選ぶ

まずはじめに、火災保険申請サポート業者を選びましょう。

それぞれの業者に特徴があるので自分が決めた条件に合った業者を選ぶと良いでしょう。

ふるた
たしかにたくさん業者はありますが、どのような条件で選ぶべきですか?

よしだ編集長
特に条件がない人は、まずは以下の2点に気を付けて選んでみましょう。
  • 対象地域
  • 手数料
対象地域

調査の過程で現地訪問があるため、対象地域を地域を制限している業者があります。

全国対応している業者もありますが、首都圏のみを対応範囲としていたり地域によっては追加料金がかかる場合もあるので確認は必須になります。

手数料

火災保険申請サポートの手数料相場は保険金総額の30%~40%と言われています。つまり保険金が100万円だった場合、30万~40万円を手数料して支払わなければいけません。

30万か40万円どちらを支払うかはかなり大きな際になるので、手数料の確認も必須になります。

また料金形態も完全成果報酬制とは限らず、現地調査料金や相談料金を請求する業者もあるため、自分の納得のいく業者を選びましょう。

 

火災保険申請ガイドブックは、火災保険申請サポート業者の特徴を細かく解説しているので是非記事をご覧ください

問い合わせをする

選んだ火災保険申請サポート業者に問い合わせましょう。

業者によって問い合わせ方法は様々ですが、基本的には公式ホームページの応募フォームに記入し送信するという方法が多いです。

また、電話・FAX・メールで問い合わせる方法がある場合もあります。

その後担当者から連絡が届き、被害状況や疑問点などヒアリングした上で契約します。

 

ポイント
問い合わせ後に火災保険の契約内容を見て調査対象となるか確認するため、火災保険の証券の提示が求められる可能性があります。

事前に準備をしておくと良いでしょう。

現地無料調査・診断

調査前に火災保険申請サービスについての説明を行い、契約に問題がなければ調査が開始されます。

現場調査は火災保険申請のための資料集めのために被害箇所の写真撮影等を行います。

業者によっては本格的な機材(ドローン等)を用いて行うので、このときに新たな被害箇所が見つかる場合もあり、より多くの保険金が手に入る可能性があります。

現地調査の特徴

 

  • 所要時間は平均的に30分~1時間程度
    基本的に多くの業者は立ち合いを必須としていますが、どうしても時間が確保できないという方は立ち合いをしなくても良いという業者もあるので、問い合わせの際に相談をしましょう。
  • 調査費用を無料としている業者は多い
    調査した結果、火災保険申請ができないと判断されても調査費用を請求されない場合が多いので安心して依頼することができます。しかし、稀に火災保険申請ができなかった場合に調査費用を請求するという業者もあるので、トラブルにならないためにも事前に確認をとりましょう。

保険会社への書類の提出

保険会社に申請する際、保険会社に提出する資料の作成をサポートしてくれます。

作成した資料を保険会社に送付するだけで提出は完了です。

 

ポイント
損害保険は契約者本人が申請しなければならないという決まりがあります。そのため申請書類の取り寄せと書類の記入・投函は必ず契約者本人が行いましょう。これらの行為自体も行おうとする業者は悪徳業者のため十分注意してください。

火災保険申請のサポートの違法性・詐欺については以下の記事で解説しているので是非ご覧下さい。

結果の通知と保険金の受取

保険会社から結果の連絡が入ります。

書類だけで申請が認められない場合は、保険会社から鑑定人が派遣されることがありますが、サポート業者が対応してくれます。

申請が通った場合は、調査から平均して1ヵ月ほどでご指定の銀行口座に保険金が振り込まれます

保険金の受け取りができた後に火災保険申請サポート業者に手数料を支払います。

保険金が受け取れなかった場合に、手数料を支払う必要がある業者と支払う必要がない業者があるので注意しましょう。

 

ポイント
損保険会社から派遣される鑑定人と交渉する際に、宅建士含め法律の知識はひとつの強みになります。悪徳業者が増えてきている一方で、最近では弁護士や宅建士を雇っている業者も増えてきているので、サポート業者を選ぶ上で条件のひとつに加えても良いかもしれません。

まとめ

火災保険申請サポートを利用する流れは以下の通りです。

① 業者を選ぶ

② 問い合わせをする

③ 現場調査

④ 保険会社へ書類の提出

⑤ 結果の通知と保険金の受け取り

火災保険申請サポートのおおまかな流れは掴むことができたでしょうか?

火災保険申請サポート業者を利用せずに火災保険申請を行う場合、知識が不足している中での申請作業は非常に難しいです。なぜなら被害箇所の写真撮影や書類作成を全て自分で行わなければならないからです。

火災保険申請サポート業者に依頼して効率的に保険金を受給しましょう。

手数料が安い火災保険申請サポート業者紹介

シラベル 特徴

手数料 30% 対応エリア 関東
おすすめ度 ★★★★★ 実績(件数) 2,000件以上
保険金の使い道 自由 平均受給額 記載なし
シラベルのおすすめポイント
  • 手数料30%で相場以下
  • 完全成果報酬型でリスクゼロ
  • 受け取った保険金の使い道は自由
  • 実績件数2,000件以上!給付率95%以上!

火災保険申請サポートを利用したいけど手数料はなるべく安く済ませたいという方にオススメなのがシラベルです。

シラベルは火災保険申請サポート業者の中でも業界トップクラスで手数料が安く済みます。

手数料相場がだいたい35%程度なのを考えるとお得です。

手数料以外にも実績件数がしっかりある業者のため信頼性もあります。

ホームページでは無料でいくら火災保険が受け取れそうなのか、簡単に診断してくれます。

ぜひチェックしてみたください。